• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

この記事は2016年5月27日に書かれたものです。今お読みの記事よりも新たなアイテムの入荷の可能性がありますので、最新の情報をご覧いただくか、(この記事のタグ:)から最新情報をご覧ください。

こんばんは

たちです

今日は写真かなり多めのBLOGです。

ぜひ最後までお付き合い下さい。

先日、展示会に行ってきました。

目的地は横浜の赤レンガ倉庫。

さぁ、横浜到着です!!

目的地へGO~。

いや~。着いた着いた。

ちょろいぜ~横浜。ってことで展示会場を探す。

知ってるよ。赤レンガ。来た事ある。

さぁ、展示会場は・・・

あれ?

ない・・・。

ここじゃないっけ?あれれ?

改めて今回の展示会場を検索すると・・・

「横浜 大さん橋ホール」

くっそ!!

場所間違えた!!

あれじゃんよ。

さっき通り過ぎたしっ!!

遠っ!!

はい、汗だくで到着~。

気を取りなおして、お仕事スタート。

今回の展示会は「CLUTCH COLLECTION YOKOHAMA SHOW」

特にハプニングもなく、お仕事がんばりました。

この展示会で商談したNEWブランドも近日GUARANTEE/SHAREにお目見えするかと思います。

皆様ご期待下さい!!

さて、今回はこのお仕事以外にこんな事がありました・・・

この日ちょうど東京に遊びに行っていたお客様のNくん。

そんなNくんと合流して横浜を満喫しようと計画。

さあ、Nくんと合流です。

発見~!!

めっちゃ遠くからNくん発見。

皆様わかりますか?

Nくんを探せ!!

いた~っ!!

田舎者発見~!!

うわっ。気付かれた。

来た~。若干笑いながら来た~。

はい、出ましたNくん。

無事Nくんと合流できたので、ひと仕事終わらせていざ横浜中華街へ。

中華街に到着。早速ご飯に。

勝手ですが、中華と言ったら小籠包でしょ。って事で有名店を探すNくん。

発見!!しかもすぐ真横に発見!!

小籠包、激ウマでした。

あまりの美味しさに追加注文を。

お店を出て気付いたのですが、このお店は焼き小籠包が有名みたいで・・・

(お店の看板の写真を確認してみて下さい)笑

Nくんは気付いてたみたいです。

言えよ。マサシ。

それは言おうよ。

そして腹ごしらえの後は占いっしょ。

うん。怪しい・・・

ぷんぷんするぜ、怪しさが・・・

ここに決めた。

間違いなく怪しい・・・

料金説明を聞くも、怪しさが増すばかり。

さあ、占い開始。

うん。

うん、うん。

マジですかっ!!

って真剣やないかっ!!

もちろんNくんにだけやらせましたよ占い。

最後に占い師の方が一言

「手相は常に変わるから。このお店を出てすぐにでも変わるから。」

じゃぁ意味ね~よ、手相。

信じるも信じないも本人次第って事で。

お次はNくんに強引に栗を買わせようと栗売りに接近させると・・・

こえ~よ。栗売り・・・

何とか買わせようと、1000円の栗が800円に。

渋るNくん。

すると栗売りが少し怒りながら800円でと。

びびるNくん。そして負けじと渋るNくん。

さらに怒る栗売り・・・

怒りながら栗が500円に。

「ここまでくるとマジでいらない」とNくん。

激怒して「も~いいよ300円で」と栗売り。

クソ安いじゃね~かよとNくん。

あまりの怖さに逃げ出すNくん。

怖いよ、栗売り。

もういいよ中華街。って事で東京へ。

先日OPENしたお店「H BEAUTY&YOUTH」に。

皆様ご存知の「UNITED ARROWS」の新店舗。

B1Fがヴィンテージアイテムで構成されており、改めて近年のヴィンテージブームを再確認。

お次も今話題のお店へ

藤原ヒロシさんがディレクションするお店「THE PARKING」に。

ずば抜けたセンスにただただ脱帽。

ファッション業界で今話題のこの二店舗に行き、可児市で一番のオシャレボーイだと二人で言い聞かせて帰路に。

あまりお腹減ってないけど、新幹線と言えば駅弁なので、駅弁を。

食べられるかな~っとびびりながら買う私。

マジででけ~よっ、その駅弁はっ!!

写真ではなかなか伝わりませんが、マジででかかったですこの駅弁。

そしてこの表情のNくん・・・

おしまい。

POP-UP ITEM STORE 「COLLARLESS SHIRTS “DENIM&MILITARY”」

今季トレンドの「カラーレスシャツ」
そんなトレンドアイテムのカラーレスシャツを今回のPOP-UP ITEM STOREでは「デニムウエスタン」と「ミリタリー」の二種類に限定し、ヴィンテージアイテムを解体してリメイクしました。
どちらのアイテムもリメイク時のステッチワークにこだわり、ロック処理やダブルステッチ処理をするなど、細かい部分にもこだわりリメイクした自信あるアイテムです。

STOREを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA