GUARANTEE

ウールのチクチクが苦手!!そんなあなたへ

たち

0

おはようございます

たちです

昨日よりリニューアルした「GUARANTEE/SHARE」WEBSITEへのたくさんのアクセス本当にありがとうございます。

今後も皆様にもっともっとGUARANTEE/SHAREを楽しんでいただけるよう、色々な情報をお届けしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

では、今日の本題に

冬ならでわのアイテムと言えば皆様なにを思い浮かべますか?

ニット?ダウン?レザー?

いや~っ、ニットとの二択でかなり迷ったのですが、たち的には「ウールシャツ」で決まり。(これ、かなりの接戦でした)

そんな冬のマストアイテム「ウールシャツ」ですが、ウールのチクチクが気になって着れないよっ!!なんて方もたくさんいまして・・・。

そもそもウールっどんな生地なの?って事で少し調べてみました。

ウール (wool)または羅紗ラシャ)とは、(=羊毛)のことで、動物繊維の一種である。一般的にはの毛を指すが、広義ではアンゴラアルパカラクダの毛も含まれる。また、それでできた糸(=毛糸)や、それを織った(=毛織物)のこと。(ウィキペディアより)

う~ん、やっぱりこれだけじゃぁウール特有のチクチクの原因はわからず・・・

そこでウールがチクチクする原因を色々と調べてみると

ウールだからチクチクするのではなく、太い繊維の端が肌を刺すからチクチクするのです。
したがって、ウールに限らずアクリルでもポリエステルでも、太い繊維が入っているとチクチクする場合があります。
チクチク感は、個人差があり一概にはいえないのですが、概ね30ミクロン(30/1000ミリ)より太い繊維を5%以上含むと、チクチク感が発生しやすくなります。
細い繊維で作られたものは高価になりますが、敏感肌のあなたには、よりしなやかなものをお勧めします。
ウール下着など直接肌に触れる製品は、一般的に平均の太さが19ミクロン程度のしなやかなウールが使われていることが多く、だからチクチクしないのです。(引用:http://www.woolmark.jp/)

これで決まりでしょう。間違いない。

だったら、チクチクしない上質のウールを使った物を着れば問題解決!!

って事でウールのチクチクが無理!!な方におすすめの一着をご紹介です。

1970s PENDLETON “SIR” L/S WOOL SHIRTS  12900+TAX (USED)

MADE IN USA 表記が入る70年代の一着

ヴィンテージアイテムの中でも特に人気のあるシャドーチェック

派手なカラーリングが多いペンドルトンですが、シンプルな青ベースのカラーがGOOD!!

この画像に注目して下さい。SIR PENDLETONの文字が確認できます。

このSIRの文字が重要です!!SIR PENDLETONはペンドルトンが扱う中で、最も薄手で柔らかなウールを使用したアイテムです。

ウール特有のチクチク感が無く、これ本当にウールなのって感じです。実際に触ってみると本当にウール感が無くサラサラした生地感。これならウールが苦手な方でもいけるに違いありません!!

ウールのチクチクが苦手な方、ぜひぜひ気にしてみて下さい。

 

  • Pocket
  • LINEで送る

POP-UP ITEM

9TH ANNIVERSARY SPECIAL ITEM

たくさんの皆様に支えられてGUARANTEEは9周年を迎える事ができました。
皆様本当に本当にありがとうございます。
まだまだ努力を怠らず、たくさんの皆様に愛していただけるお店を目指して頑張ります。
皆様10年目のGUARANTEE/SHAREもどうぞ宜しくお願い致します。

今後もPOP-UP ITEMにて様々な商品をご紹介してまいります。
最新の情報は下のボタンをタップしてください。

POP-UP ITEMを見る

コメントを残す

*